CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
中国語を克服
中国語がはなせるようにならないという悩みをかかえている、中国語学習者に対して、中国への留学経験があり、中国語がしゃべることができるようになった、わたしを含めて3人からのアドバイスはとことん中国語を話す。中国語を使い倒す。というものでした。
多くの地域の中国人の中国語も、方言の影響もあって、それほど上手なものではないとも書きました。中国語に関しては(他の外国語でもそうなのかも知れませんが。)へたな中国語でもいいんです。それで十分なんです。あまり細かいことは気にせず、どんどん中国語を口にすることが重要なのです。またこれが中国語を話せるようになるための唯一の原則なのだと私は考えています。前回に中国人の友達がいれば、彼らと積極的に中国語で会話できればベストであると書きました。
またもし中国人の友達がいなくて、中国語の会話をネイティブと話す機会がない人は、日本人同士でも(同じ中国語学習車同士で)中国語を積極的に使うべきだと書きましたが、わたしは日本人同士で中国語を使うのは案外いいのではないかと思います。わたしも中国語教室などで経験があるのですが、結構人が中国語の発音を間違っていたところというのは、日本人も結構間違えやすいところなのかもしれませんし、他人の間違いから、自分の中国語を再修正するということもできました。また同じ中国語学習者であれば、遠慮なく中国語の間違いを指摘しあえるので、それもいいかもしれません。
中国人の友達がいても、遠慮なのか面倒なのか、あまり指摘されることがないということもありますので。日本人にとっては、中国語は難しい言葉かもしれませんが、自信をもって使っていけば必ず話せるようになると思います。私もそうやって中国語を克服してきました。
| 中国語 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(6) |
中国語のコツ 2
中国語がはなせるようにならないという悩みをかかえている、中国語学習者に対して、中国への留学経験があり、中国語がしゃべることができるようになった、わたしを含めて3人からのアドバイスはとことん中国語を話す。中国語を使い倒す。というものでした。
またテレビのなかで下手な英語でも自信をもってその英語を使ってインタビューしている人もいたと前回書きました。中国語でも一緒なのです。自信をもって中国語を使えばいいのです。
いや中国語のほうがもっと気軽に自信をもって使ってもいいのではないかと思います。
英語もさまざまななまりはあるのでしょうが、中国語は間違いなくそれ以上に地域によって、中国語になまりがいる人がたくさんいます。
実際多くの地域では、最近は学校教育では中国語(普通語)を使って授業するようになりましたが、ある程度の年配の人は中国語(普通語)がわからなくて、その地域の方言をしか使えない人もかなりの割合でいるのです。また若い人でも中国語(普通語)はしゃべることは、学校教育で中国語(普通語)を使ってすべての授業が行われているおかげでできるのですが、それでも、家族同士や友達同士のあいだでは、中国語(普通語)を使う人はほとんどいません。
そんなことから(普段使っていないこともあって)、また地域の方言のなまりも混じるのか、中国でもきれいな中国語をしゃべる人というのはそれほどいません。へんな話ですが、しっかり発音を勉強すれば、普通の中国人よりも中国語の発音はうまいいという人は結構な割合でいるのです。へたな中国語だと気にする必要は中国語に関しては全くないのです。多くの地域の中国人が使っている中国語だって、それほど上手な中国語ではないんですから。
| 中国語 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
中国語に自信を
中国語がはなせるようにならないという悩みをかかえている、中国語学習者に対して、中国への留学経験があり、中国語がしゃべることができるようになった、わたしを含めて3人からのアドバイスはとことん中国語を話す。中国語を使い倒す。というものでした。
中国語を使うためには、中国へ中国語学習のために留学するのもいいでしょうし、中国語会話スクールにいくのもいいかもしれません。また中国語会話サークルや中国語勉強会のようなものに積極的に参加するのもいいことだと思います。
もっと簡単にいえば、友達同士(中国人の友達がいればベストですが。たとえ日本人同士でもOKだと思います)で中国語の会話をするだけでも十分なのではと思います。ともかく、どんどん中国語を口にすることが大事なのです。そして、何よりも中国語をしゃべっているときに『間違ったらどうしよう』とか『中国語が下手だなと思われないかな』という気持ちを克服できるぐらい(どうしても最初はこういう考えを持つと思いますし、実際私もそうでした。)中国語を話すことに慣れちゃうことが大事なんだと思うのです。
たまたま私が以前みていたテレビの番組のなかでアナウンサーが、日本語訛りの英語で(英語がそれほど得意でない私もそう分かりましたので。ほんとうにうまいという英語ではなかったと思います。)そんなお世辞にもうまいと思わない英語でも堂々と欧米の政治家や有名人にインタビューしている人がいました、そして立派に通じているんです。『こんな英語でいいんだ』と思ったものです。中国語でも一緒なのです。へたな中国語でも自信を持ってしゃべれば十分に通じます
| 中国語 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(7) |
中国語のなやみ
中国語がはなせるようにならないという悩みをかかえている、中国語学習者に対して、中国への留学経験があり、中国語がしゃべることができるようになった、わたしを含めて3人からのアドバイスは、『ひたすら中国語を話すだけです』『中国語を使えばいい』というものでした。
また日本人の中国語のなかには、中国からの英語学習の影響があるのかもしれませんが、中国語を勉強する際にも、どうしても文法やリーディングを重視してしまいがちになると前回書きました。あなたも、中国語のスキル別で得意なこと・不得意ことが分かれているかもしれませんが、これは純粋に接している(勉強している)時間と一致しているのではないかと思います。
長く接しているもの(勉強している)ほど得意、接している時間が少ないものほど不得意こんなふうになっているのではないでしょうか?あるいは逆にいうと中国語のスキルのなかで、得意なものから勉強しているということもあるかもしれません。
中国語が話せるようになりたいのならば、結局は『やりなさい』ということです。
中国語を習得するためには、ある程度時間を投入しなければ絶対に中国語の上達はしないはずですし、逆に投入すればするほど進歩します。(もちろん効率的な中国語の勉強ができているかどうかを考えることも必要ではありますが)。
中国語をしゃべろうと思えば、本当にカンタンなんです。中国語を話せるようになりたければ、中国語を話す機会を持つ。そして、とことん中国語を話す。中国語を使い倒す。これがいちばんのコツです。中国語話す機会というのも何でもいいのです。お金をかけて中国語スクールに行くのもいいですし、中国へ中国語を勉強するために留学するのもいいと思います。
| 中国語 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
中国語をしゃべるには
中国語がどうしても完全にしゃべることができないという悩みをかかえている、中国語学習者に対して、中国への留学経験があり、中国語がしゃべることができるようになった、わたしを含めて3人からのアドバイスは、『ひたすら中国語を話すだけです』『中国語を使えばいい』というものでした。
中国語をしっかり見に付けるためには、中国語会話のための教材も必要だし、本も大切。ときには中国語会話スクールに通ったり、中国に留学するのもひとつの方法だと思います。でも、これら全ての基本となるのが、『中国語を使う』ということなんです。
中国語は筋肉と一緒で、使わなければ進歩ないと思います。日本人は比較的中国語のリーディングや文法が得意な人が多いといわれています。これは中学などから、英語を勉強する際に、これらのことを勉強していたため、中国語を勉強する際にも、外国語の勉強はこういうものだと思い込んでいるからなのかもしれません。そのために中国語を勉強する際にも、比較的中国語の文法知識・文法問題と接している時間が多いからなのかもしれません。わたしもそうでした。中国語の勉強を始めた際に、中国語の発音もそうなのですが、それと同時にまず中国語の文法から勉強を始めていきました。
もちろん中国語の勉強のためには文法も大事なのですが、やhり実際の中国語話者との会話では、中国語のリスニングやスピーキングができないと「会話」はできません。日本人は中国語の文法やリーディングなどには時間を使いがちになり、そのためそれがとくい得意という人が多いのではと書きましたが、逆に、あまり機会がない中国語ライティングの場合、リスニング以上に苦手という人も多いのではないでしょうか?

| 中国語 | 12:44 | comments(0) | trackbacks(6) |
中国語のコツ 1
中国への留学などを経て、なんとか中国語をしゃべることができるようになり、同じ中国語がしゃべることができる、留学仲間やあるいはこれから中国語を話せるようになりたいという、中国語学習者と、いろいろなサークルなどで接する機会がでてきました。そのなかでこれから中国語をはなせるようになりたいという、中国語学習者から、ときどき中国語を話せるようになるには、どうすればいいの?という質問を受けることがあります。
中国語を勉強するために中国に留学してきた人間などは、こういう質問に対しては、『ひたすら中国語を話すだけです』『中国語を使えばいいだけ、それだけ!!』とよくいいます。わたしもこの意見に賛成です。
この会話がされたのは私を含めて4人で会っていたのですが、そのうち3人は中国への留学経験者で、中国語がある程度話せる人間でした。残り1人は中国語が話せるようになりたくて中国語会話スクールに通ったこともあるけど、結局どうしてもしゃべることができなくて、中国語の習得をあきらめかけていたという人間です。
彼のような人にとっては、中国語が話せることは悲願らしく、中国語話せるようになるための方法を知りたくてたまらないような感じでした。どう中国語をべ勉強しても結局中国語をモノにすることができなかったという彼に対しての回答が上記のものです。当たり前のシンプルなことですが、できるだけ中国語を使わなければ中国語はモノにできないというのが、中国語をはなせるようになった3人が完全に一致した回答だったのです。もう、これ以外には何もないというぐらい、3人が口を揃えたセリフです。中国語をしゃべるためにはやっぱり、これしかないんです。
| 中国語 | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |